低インシュリンダイエット

痩せたい人の悩みはつきないもので、出来れば健康的に簡単にダイエットしたいという人が多いです。 そういう方の悩みを解決するのが、低インシュリンダイエットです。 すい臓から分泌されるインシュリンというホルモンは脂肪細胞が肥大化する原因となっています。 このインシュリンが過剰分泌すると、血糖値が急上昇します。

つまり、血糖値が緩やかになると糖が脂肪細胞へ運ばれにくくなり、脂肪細胞を消費させるグルカゴンの分泌もうながされます。 インシュリンを食べる食品によってコントロールすればよいわけです。 基礎代謝が低下してはいけないので、基本的に主食は摂りますが、低インシュリンで食べていい食品と食べてはいけない食品を決めるには、GI値で分けて食事をとります。

食べていい食品

蕎麦、玄米、ライ麦パン、スパゲティ、中華そば、きのこ類、海藻、トマト、ブロッコリー、大豆、ほうれん草、さやいんげん、アスパラ、キャベツ、セロリ、きゅうり、大根、かぶ、ピーマン、カリフラワー、 牛乳、プレーンヨーグルト、肉・魚全般

食べてはいけない食品

アイスクリーム、とうもろこし、かぼちゃ、じゃがいも、ベーグル、食パン、コーンフレーク

控えたい食品

ごはん、うどん、フランスパン

こうしてみると、食べてはいけない食品や控えたい食品には、ある特徴がみられます。 精白度が高いもの、消化が早く白くみえる物、じゃがいも、人参、果物や野菜のジュース等ですので、少し意識して食事をしましょう。 主食を、米・パンからパスタや蕎麦に変えてみるのも低インシュリンダイエット の効果につながります。

サイト内メニュー

参考サイト

管理人がいつも見ているサイト

ボックス画像1

キャベツダイエット

ボックス画像2

黒にんにくダイエット

ボックス画像3

朝ステーキダイエット

ボックス画像4

1日5食ダイエット

Copyright© 食べ物で健康的に簡単にダイエット All Rights Reserved.